移りゆく髪の量

有効な薬

毛生え薬、発毛剤、育毛剤。いろんな名前で呼ばれる薬が、有史以来、いくつも登場してきました。
やはり男性にとって、ふさふさしていて、光を受けて艶やかに輝く豊かな髪を失うことは、なかなかにつらいことです。そういうわけで、何とかそれを押しとどめようと、薬が使われてきたという歴史があるのです。
そんな中、現在のAGA業界で、最も注目されているのがミノキシジルという成分です。
ミノキシジルは、市販薬からお医者さんが出してくれる処方薬まで、さまざまな薬の中で使われています(もっとも、日本国内で発売されている市販薬の中でミノキシジルを含んでいる商品はひとつだけです)。
この成分は、もともと血液の流れを滞らせて高血圧症を引き起こす原因となる細い血管を広げ、血行を良くして症状を軽減させようという「血管拡張薬」として売りだされたものでした。
しかし、この薬が使われていく中で、どうも血管の中でも特に頭皮の血管によく効き、男性の脱毛症を解消させる効果もあるようだということで、急遽研究がし直されて、あらためて発毛薬として売りだされたものです。
1960年代のアメリカでの出来事でした。

ミノキシジルを含んだ薬は錠剤の形で、AGAのクリニックで処方してもらうことが出来ます。
飲み薬としてこれを手に入れるためには、クリニックへ行くか、海外製の薬を個人輸入で購入するしかありません。ただし、初めて薬を飲もうとしている場合には、クリニックへ行って処方してもらうほうがベターです。
薬の薬効について、飲み方について、専門的な知識を持つお医者さんにしっかりと説明してもらってから、治療に取り入れるというのが一番安全なのです。

クリニックによっては、ミノキシジルとともに、併用すればもっと効果的に脱毛症を治してくれると評判のフィナステリド配合の薬も一緒に出してくれます。
ミノキシジルとフィナステリドは、二つ揃うとより効果を増すという性質を持っています。要チェックです。